バイオハザードオフィシャルサイト

★S&W Mk22 Mod0"Hush Puppy"★

Posted by ichiro5 at 2010年05月17日 2010年05月17日 18:38
昨日は、「ハッシュパフィー」について多くを語りませんでしたので、画像入りで取り上げます。

[ハッシュパフィーといっても、シューズでは有りません]








S&W社のMk22 Mod0はベトナム戦争中にアメリカ海軍特殊部隊SEALが使用した暗殺用拳銃であります。

ベトナム戦争中には様々な火器が実験され使用されていますが中でも海軍特殊部隊のSEALが使用した武器には異彩を放つ物が多く有ります。Mk22はメコンデルタ地帯で共産ゲリラの暗殺、破壊工作活動を行ったSEALが、より高性能のサイレンサー付ピストルを必要とした事を受け製作されたもので、開発ベースになっているのはS&W社の9mm口径ダブルアクションオートM39であります。

当初M39ベースの試作モデルWOX-132Aを製作したが、その後ダブルカラアムマガジンを持ちM39よりも7発多い14発の弾丸を装弾可能なM59をベースピストルに変更し、1969年にMk22 Mod0として制式採用された。サイレンサーを装備した場合は音を最小限にするために、改造スライドストップに装備されたスライドロックを使用し、ブローバック機構を停止させる。また弾丸は弾頭をグリーンに塗装した専用9mm弾のMk144 Mod0を使用する。サイレンサーは専用のWOX-1Aガスサイレンサーを使用するが、高い消音効果を持続するのは22発が限界で、それ以上の射撃にはサイレンサー内部の消音インサートの交換を要する。

Mk22は別名「ハッシュパピー」と呼ばれていたが、これはドッグフードの揚げパンの事で、これを与えられた犬は鳴き止み大人しくなる。転じて共産ゲリラに弾丸を撃ち込めば静か(死体)になるという意味で呼ばれた。サイレンサーはガス式サイレンサーでモデル名はWOX-1A。

[データー]
全長  364mm
銃身長 102mm
重量   850g[銃本体]+200g [サイレンサー]
使用弾  9x19mm
初速   288m/s
装弾数 14+1発

今日も一日暑~い日でした。icon01icon01







同じカテゴリー(実銃)の記事画像
★東西冷戦時代の特殊拳銃★
★Walther PPKのウンチク★
★BERETTA M1934★
★BERETTA M84F★
★実銃・S&WGUNSITE EDITION★
★WILSON COMBAT
同じカテゴリー(実銃)の記事
 ★東西冷戦時代の特殊拳銃★ (2010-05-16 19:00)
 ★Walther PPKのウンチク★ (2010-05-12 18:30)
 ★BERETTA M1934★ (2010-05-11 18:45)
 ★BERETTA M84F★ (2010-05-10 19:21)
 ★実銃・S&WGUNSITE EDITION★ (2008-12-03 18:47)
 ★WILSON COMBAT (2008-10-05 18:05)


この記事へのコメント
初めまして!
MK22を僕が知ったのはと昔よくやっていたとあるTVゲームからです。(今は全くゲームはしません。)
確か月刊GUNの2009年8月号のNRAショーに関する特集にめちらっと載っていましたね。
実銃のMK22はエアコッキング式みたいに手動でスライドを動かして撃つ事も出来るので、出来ればMK22をガスブローバックとエアコッキング式のハイブリット式のエアソフトガンをつくってくれたらいいな~と僕は思いますがどう思いますか?
Posted by HiroSauer at 2010年08月21日 21:22
HiroSauer様、お初です。

エアソフトガンでのMK22、KSCさんあたりで製作してくれればGOODです。
Posted by ichiro5ichiro5 at 2010年08月22日 08:52
※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

このページの上へ


Copyright(C) ブログ名. 2009 All Rights Reserved.